FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

純正品とか社外品とか

世の中が一寸変な感じになってるんで早く問題は解決して欲しいと思う小市民です。


IMG_1897.jpg
部品に関しては色々と柔軟な考えの下に仕事をしていますが主義主張がある方は入庫時に仰ってください。
大体お任せして下さる方が多いです。こちら、フューエルプレッシャー絡みのトラブルでしたが該当部品は純正
しかないというか此処はもう純正が良いでしょうと言うか。でもその純正が壊れてるんだから純正至上主義ではない。


IMG_2002.jpg
シフトレバーがPから抜けなくなっちゃったお車。車のコンピューター(って言うと何だか安っぽい)にあるディフェクトメモリー
によるとブレーキ液の液圧が異常と言う事らしい。壊れてる時はABSやESP絡みの警告が点く。じゃあABSユニットを
替えましょう。とはならずダメなのはこれ。こちらは社外部品でオッケー。


IMG_1878.jpg
最近と言うか近年はメーカー、モデルの要求を満たした承認オイルを勧めてます。近代の車は色々ややこしくって
メーカーごとの承認規格があるのでソレを無視できなくなりました。近代じゃない車で主義主張のある方はその限り
じゃありませんが。同じ様にタイヤにも要求水準を満たすモノがありサイズとロードインデックスだけで選べなく
なりました。いや、選んでも良いんだけど一部のハイパフォーマンスカーとかに何でもかんでもとかはやりません。


IMG_1997.jpg
社外部品にも色々ありまして、その辺の選定は任せて貰いたいです。過去に問題のあった部品で又苦労するのは
絶対に嫌なので。画像はオイルフィルターですが、どちらもメーカーとしては一級。でもサイズが違う。右はお客さんが
持ち込まれた物ですが、この寸法差が重要で右の長い奴は周りに干渉して付きません。仮に付いたとしても工具は
入りません。車検や点検時のオイル交換工賃はサービスしてますのでフィルターとかオイルを持ち込まれるとなんの
利益も発生しませんし試してダメで戻すような二度手間の工賃もアレなので部品の持ち込みはご勘弁ください。最近は
産廃の処理もコストが非常に掛かります。


IMG_2010.jpg
で、純正がやはり良いのではないか。という理由が明白な場合は純正を使います。例えば、ニトロセルロースラッカー
で塗装されているボディはスタンドのゴムで塗装が駄目になる事も。なのでお手入れに純正のキットを選べばうっかり
塗膜を冒す事も無いと思います。ローズウッドのフレットボードに適したオイルやメタルパーツの磨き剤も間違いの無い物
でしょう。弦も専用が出ていてレスポールのスケールに合わせたテンションで張れるとか。ピックは何でも良いですが
この様に純正を選びたい理由がある場合は積極的に純正品を使ったりもします。


旧い車は純正品とか言ってられないのである物を使いますがその品質に振り回される事も有り苦労します。







スポンサーサイト



  1. 2020/03/16(月) 08:50:16|
  2. 通常業務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デュアルマスフライホイール を替えました パンダ4X4 | ホーム | ちゃんと営業してますが体調には気をつけたいですね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/3054-07fde85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking