The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

T3もT4も専門店じゃないし他作業との兼ね合いで断るケースもあります

巨人悲惨ですね。


P3086296.jpg
ドイツ発アメリカ経由日本行き。コンプレッサーにベルトが無いのと配管が外れてるって事の意味は?


P3086297.jpg
ベルトのほつれは風紀の乱れ。


P3086298.jpg
あさづけ。


P3086299.jpg
水漏れ。


P3086300.jpg
ひび割れ。


P3086301.jpg
オイリー。


P3086302.jpg
パワーステアリングフルード漏れ。


P3086303.jpg
オイル漏れ。


P3086304.jpg
アブラギッシュ。


P3086305.jpg
謎配線。


P3086306.jpg
謎配線。


P3086307.jpg
パワーステアリングフルード漏れ。


P3086308.jpg
ブーツ切れ。


P3086309.jpg
ブーツひび割れ。


P3086310.jpg
ブッシュひび割れ。


P3086311.jpg
ブッシュひび割れ。


P3086312.jpg
スペアタイアが無い。


P3086313.jpg
P3086314.jpg
トゥバーの名残?


P3086315.jpg
ブーツ切れ。


P3086317.jpg
ボールジョイントNG。


P3086316.jpg
ボルトが無い。


でも大丈夫。オーナーは全部受け入れて全部修理するご英断をされたから。


当店は専門店じゃないので専門店的な事が出来ません。
中途半端な作業も匙加減が判らないので出来ません。
T3もT4も修理見積りを出すと驚くほど高額になります。
だって直さなきゃいけない所が一杯あるから。

しかも一度直しても近い将来に又直す事になります。
それはトヨタの車じゃないから。
大体数年でオーナーが経済的にも精神的にも疲弊して手放します。
そういうケースが多いです。

若しくはずっと乗る人も居ます。
疲弊したオーナーは手放す前から暫く整備を止めます。
だってもうすぐ手放すんだから。
次に買った人が偶々うちに持ち込んだりします。

すると最初にとんでもなく手が(実際に手を掛けるのは修理屋さんでお客さんはお金が)掛かります。
そりゃ道理です。
で振出しに戻る
ので覚悟のうえで打診をしてもらえると助かります。

それと普段は自分で弄ってるけど自分で出来ないとこだけお願い。
そういうのはちょっと苦手です。
最後まで頑張ってください。
最後に大事な事です。

発がん性のある物質が多く使われている自動車です。
汚れた手で色んなもん(お客さんの車とか)触りたくないですし自分にも触れたくないですね。
のでニトリルのグローブをはめて仕事とかしてますが脱着が大変なんです。
そのグローブをはめたまま電話とかも触りたくないです。

それと仕事にはテンポとかリズムが大事です。
バーテンダーがシェイカーを振ってる時に注文しようと声を掛けても聞いてもらえない筈です。
だから僕も作業を中断されるのがとても嫌なんです(バーテンダーじゃないけど)。
ですのでふいのお電話はご遠慮ください。



コンチネンタルタイヤが一部銘柄、一部サイズですけど値上げ前の
特価販売をします。気になる方は中の人に聞いてください。




個人的には東京オリンピックにも反対ですし現総理は就任前から僕と理想が合わない人です。
その辺も当店と付き合うかどうかの判断材料にしてくださいねー。











スポンサーサイト
  1. 2017/06/09(金) 08:57:00|
  2. VWカラヴェル・ヴァナゴン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振幅変調が絡まってKING of ROCK! 召喚 | ホーム | MB S203 整備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2510-ad392912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking