The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

晩酌にぶり刺し

昨夜の晩酌のアテはブリ刺しでした。

我が家では晩酌を楽しみとしている他に趣味の無い私の為に家族とは別の食事が用意されてます。

で、ブリの刺身でした。

サクで買ったブリをキッツケというか、切り身にして皿に並べて出してくれます。

でも、その出てきたブリを見て愕然としました。

出て来た其れはブリと呼ぶにはおこがましい程の切り身の断面だったのです。

ご存知のようにブリは出世魚。

関東では80センチ以上をブリと呼びます。

魚を自分で捌いたことがある人なら判りますが、通常は三枚に下ろした身を腹側と背側で分けます、骨に沿って。

だからその切り身の断面から魚のサイズが想像できる訳ですね。

その、長崎産、天然ものを謳ったブリは僕の目にはどう見てもイナダでした。

おまけに身が真っ赤なんですよ。

魚って死ぬまでに暴れちゃうと全身に血が回っちゃって白身魚はピンクから赤になる。

昨日の自称?他称?ブリはもう真っ赤っか。

元々イナダだろうから脂ものってないだろうけど、それにしたって真っ赤っかなんですよ。

だから食べたって美味しくないんですね。

船で定置なりなんなりで網で獲った魚はこういう傾向にありますね。

一部の高級魚だったり意識高い漁師さんなら締めますが。

そんな訳で見れば活き締めなのか野締めなのかも判るんですよ。

どーしてそんなものを買ってきちゃうのか。

教えた筈なんですけどね。

自分が食べないから判らないんだと思います。

自分で釣ったもんは船上で締めますし、魚によってはエラワタも出しちゃいます。

そうすると美味しく食べれるから。

それに魚によっては身を寝かします。

折角なんで一番美味しい状態で食べてあげたいじゃないですか。

それが供養だし。

それとね、生簀のある魚屋が至高とか、生きてる魚を買って食べるのが至高とかってのは又違うんです。

少なくとも死後硬直が解けてからじゃないと。

いやね、月曜は3センチ位のヒイラギを買って来たんですよ、嫁が。

一山¥150だったって。

そんな小さい魚、かわいそうじゃないですか。

ヒイラギだって。

スズキとか連れてくるんだし。

可哀そうだから唐揚げにして頭から尾っぽまで美味しく食べましたけど。

そんな訳でね、アレをブリだと思って食ってる人が居ると思うと気の毒ですね。





スポンサーサイト
  1. 2017/01/20(金) 13:32:11|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土曜日は九ちゃんフィッシング | ホーム | BMW E36 定期点検 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2408-65629da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking