The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

スポーツ800 ハイドロカーボン過多の謎

昨日は久々にゲリラ農夫の北ベトナム兵に襲われたんで悪魔の寵児で帰ってやりました。一応屋根とワイパーあるので。しかし
アレだ、ピコピコしながら歩いたり車乗ったりしてる今生を逝かれた車から眺めるのは痛快です。違う生命体にしか見えない。


011_20160705081641117.jpg
HCがぶっちぎりなエスハチ。はサクっと簡単に外れるキャブレターを外してみたり。


012_2016070508173557e.jpg
分解してチェックしてみたり。


006_20160705081822cbc.jpg
下がるんだけど後一寸のところが不安定。このまま車検に行くとコースに入る前で急上昇しそう。損益分岐点がおかしい感じ。


016_201607050819536f5.jpg
中心電極が無くなっちゃう位だから三番の要求電圧が76.50キロボルトと異常。アナログな車にも今時の工具で見れるもんがある。


019_20160705082138b97.jpg
他はこんなもんで普通。これだけ要求電圧が高いと中心電極が消耗するのも頷ける。恐らく三番シリンダーだけ燃焼しづらい
のだろう。とはいえエンジンはすごぶる調子が良い。なので機械的にというよりも、点火系に問題があるとか混合気に問題が
あるんじゃなかろうか。イグニッションアナライザーはこんな風にも使えて便利。単にコイルの良否判定だけにしか使ってない
としたら其れは勿体無いことだ。


023vgeyewy.jpg
長野の御大から教わった方法。この状態でエンジンを掛けガソリンの吸い上げ量を見る。んだけど、出てこない。後でキャブ屋さん
に聞いたらアイドリング位の回転じゃ判らないそうだ。とはいえそれ以上回転は上げられない。


001_20160705082706180.jpg
勿論これ等もチェック済み。難しいな、自動車修理は。キャリアは20年以上になりましたがまだまだ日々勉強でございます。


027benr6u.jpg
ちなみに、特殊だと此処までおまけしてもらえる。3.300ppmだから倍以上だね。2サイクルなんて7.800ppmだがうちのシャンテは
殆ど出ない。だって交差点で悪魔と契約したから。


028_20160705083227cae.jpg
やっぱ長野の御大は色々ご存知でいらっしゃる。そうそう、最近北海道の御大は電話に出る時テンションが少し高くなった。



今日はペイデイだ。







スポンサーサイト
  1. 2016/07/05(火) 08:34:39|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<キャンパーのシーズン前点検とか | ホーム | バズらない車屋の日曜日は忙しい。言語バーをロストしがち>>

コメント

すみません
その一覧表が出ている書物の表紙を教えてください(汗)
2冊に分かれてるのでしたっけ
  1. 2016/07/05(火) 16:29:59 |
  2. URL |
  3. naoki #FYNxDbdY
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> すみません
> その一覧表が出ている書物の表紙を教えてください(汗)
> 2冊に分かれてるのでしたっけ


コレは交文社の自動車検査マニュアルです。平成5年と9年に刷られたヤツです。
偶々後ろの書棚にあっただけなので他のにも出てると思います。
道路運送車両の保安基準てゆーのとセットかもしれません。
探せば古い書籍はそこそこあると思います。
  1. 2016/07/05(火) 16:52:33 |
  2. URL |
  3. サイコライダー #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます
毎回購入しているので有る筈です
  1. 2016/07/05(火) 20:41:45 |
  2. URL |
  3. naoki #FYNxDbdY
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> ありがとうございます
> 毎回購入しているので有る筈です

背表紙に年号とか無いんですよね。カラシ色っぽいヤツです。
  1. 2016/07/06(水) 08:17:37 |
  2. URL |
  3. サイコライダー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2259-eb8dd44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking