The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

日産ヘリテージコレクション 世代によって懐かしい車が違うのは当然

雨じゃ。バスが四分遅れた。もう五百回位言ってるが、遅れてると言われて嬉しい男は居ない。そんな訳で今日も殆ど出ずっぱり。
昨日も書類作成で遅く帰ったので今日は早く帰りたい。おうち大好き。一日の半分以上を職場で過ごす事を自分の中では敗北と
呼んでいます。


066eb5eiri.jpg
068btruy.jpg
倅達は乗らしてもらってたが、俺だって乗りたい。白バイも大人は跨らしてくれなかった。でも昔多摩川沿いの訓練場の隣で
呼びつけられて講習だった時に跨ったことがある。あの時は未成年者か。


069h55558n.jpg
最後のほうはレースカー。


070rveryr.jpg
コレはストリートリーガル。


071vwe5yy.jpg
072bgevyuu.jpg
073_2016062808080864f.jpg
074gverureu.jpg
この辺が皆懐かしい。僕はフォーミュラーよりもプロトタイプやハコが好きだった。R32が無敵だった頃のツーリングカーはいつも
観てたしタイサンスカイラインも好きだった。当時600馬力とか言われててなんでそんなに馬力が出るんだ?って思ったっけな。
今は亡きオヤヂにもどーしたらそんなに出るのか聴いたくらいだが、今じゃその頃の純真な子供は成長して(身体ばかり)NAで
700馬力の車をこさえるようになってしまいましたとさ。


075huiff.jpg
コレは欧州ツーリングカーだったからあまり記憶にない。リーボックもあったな。


076ebreb.jpg
077berueu.jpg
カルソニックスカイラインの走りは凄かった。迫力がパネー感じ。ペンズはアメリカ臭がプンプンで好きだった。故にか知らんが、
後に通学、おデート用に手に入れたvespaはペンズを好んで使った。万世町のホノラリーとか懐かしい事を言ってみる。


078egrt.jpg
079veyytu.jpg
この辺は夢の跡って感じ。FFとか4枚とか、さっぱり魅力を感じなかったが、今観ると中々どーしてカッコイイじゃない。この頃って
エクシヴとかさ、今どーしてんだろーね?興味を失ったのがこの辺だ。


080berey.jpg
081brtri.jpg
082vwerurtu.jpg
083be5657i.jpg
スーパーシルエットとかってどっちかっつーとスカイラインだったか、トミカの。新聞屋の倅がラジコン買って貰って。もう五百回位
言ってるけど墓が富士霊園だから墓参りに行くと丁度グラチャンとかでFISCOは隣だから周辺はこんなのがいっぱいだった。其処を
今は亡きオヤヂの膝の上でクラウンのハンドルを握ってた。チャンプロードがバイブルな次男坊にコンパネやベニヤでハネやデッパ
をこさえる車はコレを目指してると説明し、納得してもらった。ニチラのホイールがカッコイイと褒めてた。


084nutunty.jpg
085rtbibr.jpg
長男坊曰く、妙にスッキリした車。でも此処にあるレースカーの中で一番エキサイティングなのはこれ等じゃない?ぜってーおっかねー
と思うんだけど、すげー乗ってみたい。特にシボレーV8のR380か。


086rtitirt.jpg
087ntyybt.jpg
088beryruur.jpg
089rbtiurt.jpg
090vewyveruu.jpg
091vcseryt.jpg
240RSのカッコ良さは最早銀河系レベル。


092rehbrt.jpg
是非とも乗ってみたい。


093ebuu.jpg
09467mnr.jpg
095eruuu.jpg
実は入って最初の車がコレ。言わずも知れたアレだ。今観てもカッコイイ。




そんな訳で弊社から10分の日産座間工場にあるヘリテージコレクションは平日に開放してたりしますので詳しくはウェブで!
うちに来た序に行くとか待ちの作業時に行くのなんかもお勧めですわ。







スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 08:32:17|
  2. ホビー/ホリデー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W124 500E 納車整備はパーキングブレーキでDo it again. | ホーム | 日産車フェアー ヘリテージコレクションで過去にすがる日曜日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2253-1f442ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking