The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

W124 の点検 ディーラー整備を考える

昨夜の浜松餃子パーリィナイ!は大好評のうちに閉幕しました。いやほんと、旨かった。残念な事が一つあったとすれば、ソレは
僕の帰宅が遅くなったって事か。作業が予定通り進まないなー。いやー、予定通りってあんまないかー。悲しい。


001_20160617083047a0d.jpg
点検の続き。今までデーラーさんで見てきて記録簿バッチリ!がウリの車。ま、話半分くらいにしてますけど。というのも、そもそも
デーラーさんは無双か?ってところから始まる。もしそうなら俺はディーラー務めしてるでしょう。ま、雇ってくれないか。で、プラグ。
色んな意味で替えたほうが良いんじゃないだろうか?それと、エアクリーナーのケースの右バンク後ろ側の停め具が無い。切れてる。
もし脱着してたら気付くと思うんだけどな。


002_20160617083357792.jpg
オイル交換。いやね、幾らディーラーさんだろうがなかろうが、整備の提案を顧客が撥ねたらソレまでじゃん。そういう事はよくある。
その背景を知らないであそこのディーラーは何も見てないじゃないか!って言うのは早計だし気の毒だし欠席裁判だ。アンフェア。
ま、だからこそ記録簿のお勧め欄にメカのレコメンド♪ってつらつら書くんだけどね、自己防衛も兼ねて。


004_2016061708365013c.jpg
例えばさ、プロペラシャフトのラバーカップリング。ま、呼び名は色々有るでしょう。其処なんかどーなの?


005_2016061708382472d.jpg
一寸ピンボケ(死語)だが、こんな風に割れ始めちゃったらダメだよね。こういうところは状態と、どんなに危険かを説明して顧客
に納得させた上で交換するのが僕らの商売の役目じゃなかろうか。社会的地位が寝板で転がるほど地上スレスレな国家資格
を持った商売ですが人の命を預かってる側面もある訳だし。


001_2016061708412346d.jpg
とりあえず替えちゃったステアリングダンパー。いや、事前に断りましたが。他にもハブベアリングが?とか右タイロッドが?とか。
でもほら、ずっとデーラーさんで見てるんだから間違えないでしょ。だって塩釜のヲグラクン。なんかアレだけdisってた某Dがあった
んだけど、最近掌を返したように中の人と仲良くなっちゃって。そりゃあボタンの掛け違いみたいな事もある訳じゃん。


004_2016061708444674f.jpg
でもパーキングブレーキを点検しようにも、ローターが外れないんだわさ。サビ具合から、点検してねーナ。だってこの後反対側
を見てソレが確信に変わるんだもん。でね、ロストオフアイスってマイナス40℃で冷却しつつ潤滑剤を浸透させるんだけど、コレって
結構高いのね。だからここぞって時しか使わないんだけど、それでもローター取るのに30分は掛かったな。


005_201606170847223cb.jpg
まあホラ、作業としてはキャリパー外したりブラケット外したりって面倒だからかな、やらない人が多いし。特にこの車は年間の
走行距離がとっても少ないから省略したんだよね、きっと。こーゆーとこを地道に省略してかないと時間や安さをウリにする車検屋
さんは無理だよね。気持ち判るわー。あ、この車は時間とか金額とかが売りじゃないデーラーさんだけどねー。

でも此処まで見てもすげー良いよ、この車。'93の車をこれから乗ろうと思った時にスタート地点が凄く良い位置。500で懸念される
ハーネス関連なんか綺麗だし軟らかい。スロットルバディ!も光ってる。おまけに車体が良いもの。という訳でコレは実に良い車。
こっからちょこちょこ部品替えれば今までのアレなんてチャラになるもん。そーゆーのって大事なとこだ。例えばこの先10年、20年
乗って行こうと思った時に今まで走ってきた距離が少ないのはアドバンテージだ。いやね、ちゃんとしてるから20万キロも走れたの。
って見方もあるけどね、車は部品を替えれば若返るし。でもさ、車体も傷むんだよ。ボディが開くっつーかな、締りが無くなるっつーか。
ま、人と一緒だ。



そんなこんなでね、今日もやること一杯で頭が一杯だ。





スポンサーサイト
  1. 2016/06/17(金) 08:55:17|
  2. 輸入車ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車屋さんの日常はソープオペラ | ホーム | W124 のエアコン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2245-6bed6f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking