The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

VW T3 Vanagon synchro ショックアブソーバー交換

拍手とかどーでも良いんですが、disると拍手増える仕組みなんでしょうか?あんま批判したりは嫌ですが。別にピットワークの
製品が悪いっつー話でもないし。歪曲しないで真意が伝わればいいのですが最近は行間を読める人が少ないですからね。
ま、そんな訳で四月ですか。カレンダーめくるだけですけどね。


017_20160401082139378.jpg
昨年ボルトが抜けなくて諦めてボルトの手配したヴァナゴン・シンクロ。通常モデルとは構造が違う。今度はボルトがあるので
心おきなく破壊できる。なのでショックブソーバーの下側を切り刻み、ボルトを怒りに任せて叩き抜く。


018_20160401082337c2c.jpg
サザエみたいだ。予想通りカラーがボルトに固着、ブッシュが切れてぐーるぐる。抜け止めのカラーは再利用なので切って取る。
このボルトを叩いている時に左手の親指の付け根辺りをハンマリングしてしまった。でもフィジカルとメンタルは強靭なのでビクとも
していない。丈夫に産んでくれた母親に感謝だ。エイメン。更にボルトを切ってる時に高速カッターの砥石が焼きつき欠ける。危ない。
後半はサンダーで。


011_20160401082909e3a.jpg
切って外す。なんて作業だから半日掛かって片側を交換するのが精一杯。組んだのはビルシュタイン。外したショックが業務放棄
しているので今度は走りが期待できる。


006_20160401083057cd3.jpg
リアは当然充実。違うか。まあすんなり交換。普通はこうなんだけどね。


015_20160401083208971.jpg
交換後の走りは最高でした。まあ普通に戻った。という見方も出来るが。オーナーさんは日頃空冷Pな方なんでこの足廻りなら
ご納得いただけるかと。今回は国内に在庫の無いビルシュタインとかボルトでお待たせいたしました。後半は修理ですね。



*告知*
通常在庫が無いのか知りませんが、少なくとも僕が発注した時点ではヴァナゴン・シンクロ用のショクアブソーバーは何処にも
ありませんでした。一応ビルシュタイン推しのお店なので今回の発注時に在庫分も取りましたのでシンクロ用の
ビルシュタインの在庫が1セットに限り在庫がございます。更に言うと
通常の2WDモデルのカラベル用ビルシュタインも在庫しています。

それがどういう意味なのかピンと来た方はメールください。




エイプリルフールなんで気の効いた事を言ってみたりそもそも乗っかる気も今日は無いですがこの後気晴らしも兼ねてドライヴに
出掛けようと思います。ええ、どーせ仕事です。千葉の外れまで行ってきましょうか。













スポンサーサイト
  1. 2016/04/01(金) 08:40:12|
  2. VWカラヴェル・ヴァナゴン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のハイタイム  | ホーム | MORGAN 4/4 車検と修理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2185-82e356dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking