The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

この時期に工事するとかそもそも作業をしない人が決めるのもどうかと思うとかそりゃあやさぐれますって。

公私共に色々あって疲れてます。


008_2015122408114647a.jpg
火曜晩、大きな道具を借りていたので返しに行きました。向かったのは多摩方面ならお任せな米自動車さん。
勿論ラケットはヨネックス。


009_201512240813298f2.jpg
すいません、実は僕のラケットはウィルソンです。ウィンブルドンでマッケンローと死闘を繰り広げた時もです。そんな
米ちゃんとこはあらゆる災厄から守ってくれるお守りステッカーが貼ってありました。この車屋さんのステッカーは僕が
仲介して販売することも可能です。車に貼れば事故知らず。変な人に絡まれることもありません。エンジンに貼れば
出力が10%アップ、燃費は3%アップします(効果は個人差があります)。それをなんと一枚三万円で領布します。


010_20151224081721f81.jpg
で、行きがかり上鶴ヶ島まで納車を付き合わされる付き合うことに。これは帰り道、右に曲がって山梨の車屋さんに
押しかけようか、勝手にマニラに行ったら怒られるだろうか、と米ちゃんが気を揉んでいた所です。この後ラーメンをご馳走に
なったんですが、本人の否定とは裏腹に思い切りG系な店でして。かなり苦しくなりました。


011_201512240819545de.jpg
23日は旗日で休みですが、休日出勤キメる事に。どーせ軽トラで行くんだし今会社がアレだから庭のゴミも片付けよう。
で、このエンジンは三速全開、200キロから四速にシフトアップしてスロットルを全開にした瞬間ビスを吸い込んで壊れた
エンジンです。吸気バルブに挟まり、バルブが折れ燃焼室を飛び回った結果です。


013_2015122408223399b.jpg
挙句の果てにピストンはこうなりました。まだ乗り出してそれ程日が経っていない頃です。インダクションボックス内の
ビスが外れて吸い込まれるなんて予想だにしなかったぜ。


014_20151224082403d4e.jpg
クランクケースは中からこんな感じで押し出され。非常に悲しかったです。以降GSX-Rは乗っていません。ハヤブサは別腹。


012_20151224082523951.jpg
コレはエンデューロレーサー。ピストンのトップランドがデトネーションで棚落ちするとこうなります。こちらもあーあ。でした。
そんな負の遺産を庭に並べてオブジェとしていました。


015_20151224082651e90.jpg
結局庭にはこれだけヘッドライトがありました。この頃病んでいたのだと思います。あの頃の自分に会って激しく叱責したい。


016_2015122408280703c.jpg
で、会社は不愉快なことに工事が始まりました。リフトも入れ替えです。総面積も減ります。他にも色々不愉快が。


019_20151224082942609.jpg
で、休みだけど仕事してました。勢いに乗って燃料ポンプも替えちゃおう!と思ったのですがサービスホールを開けたら
センディングユニットでした。やっぱタンク降ろしなんだね。ちょっと日延べ。


020_20151224083123175.jpg
こっちも終わりました。


023ebrteu.jpg
夕飯の食材を買いに行ったらマグロのアラが二百円だったので飛びつきました。序に百円引きになった鱈の白子が
旨そうだったのでネギマにしました。すげー旨かった。マグロのアラもネギマにすると美味しく食べれます。てゆーか
実は美味しいのはアラです、大概の魚において。


024_2015122408340170d.jpg
色々不愉快な工事。




今日もあっちゃこっちゃガンバロ。






メリーカラフトマス。









スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 08:35:01|
  2. 通常業務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポルシェ911 異音修理 「誤算」→「完成」 | ホーム | パサート・ヴァリアント 手の込んだ故障 ま、結局最後は根性勝ちなんですけどね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/2113-710f3980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking