The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

ステアリングセンター修正 サイドスリップ調整をしつこくやる

このところ埃っぽかったので嬉しい雨です。先日の祭りとかじゃ埃が酷くて靴が汚れるわ鼻の中が汚れるわ顔が汚れるわ。
なんて書いてる今凄い地震ですわ。怖いっすね、地震。お化け屋敷と地震は怖いです。ちなみに、これまでの人生でお化け屋敷を
完走したのは四回中一度きり。目を瞑って人に手を引いて貰って通過しました。昔海老名にあった廃病院に夏だから男女数人

出掛けたのですが一人パス。表で待ちました。その後某小坪方面にも行きましたが罵倒されようが何されようが怖いとこには
入りません。


さて、なんでも直進状態でハンドルが真っ直ぐにならないそうなMB。そりゃあお客さん、足回りのブッシュとタイア替えて
それから四輪アライメント取り直さないと。と進言はしたのですがご予算との兼ね合いでサイドスリップ調整のみで対応
することになりました。
004_20140513084238389.jpg
005_20140513084255d55.jpg
006_201405130843134d7.jpg
当然足回りもチェックしますけどね。ガタガタなボールジョイントとかブッシュだったりする車を幾ら調整しても無駄ですから。


009_20140513084551ce3.jpg
ハンドルの傾き加減も確認したら横滑り量もチェックしましょうか。かなりおかしい数字でした。画像じゃ遠くて見えませんが。


010_20140513084717403.jpg
とある書物をひも解くとこんな感じ。±5.0mmってすげー幅ですが下限と上限じゃかなり違います。これは車検的にはオッケーなライン。


011_201405130848405da.jpg
輸入車でキャスター、トレールが大きくとってある構造の場合とか国産車じゃあり得ない様な横滑り量にしないとステアリングの
復元力とかに差が出ます。だもんで一回目の調整。調整したらテスターで確認し、一周り走ってステアリングセンターのチェック。
そしたらもう一度テスターへ。


012_20140513085037c66.jpg
013_2014051308505739c.jpg
014_20140513085111a3c.jpg
繰り返す事数回。やっぱり本来はアライメントテスターでやった方が良い。数字を見ながら調整できるし。


016_2014051308521534f.jpg
この後通過するピークで7.5mmにキメました。細かい差なんて体感できない領域ですが数字としては揃えないと気が治まらない。


015_20140513085352fb6.jpg
センターも当然バッチリ。重ね重ね言いますが足回りのボールジョイントとかブッシュの状態が良く、尚且つタイアも良い
状態で四輪ともアライメントを取るのがベストです。ちなみに、「あー、ABでも出来る奴でしょ」とか言われると大概インディーズ系
修理業者さんは面白くないと思います。


017_20140513085736ede.jpg
工賃は四輪アライメントに及ばないと言うか、同じか高くしたら四輪アライメントをとるべきなんですけど、サイドスリップ調整は
作業時間で言うと四輪アライメントより時間が掛かったりする事もあります。大きくずれてる場合なんかね。しかもちゃんと
やればやるほど所謂合わない仕事になっちゃうんだな。そんな風に整備士は日夜ジレンマと闘ってます。







お知らせ。明日も講習を受講する為私はお休みを頂戴します。










スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/05/13(火) 09:01:29|
  2. 輸入車ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アルファ147 セレスピードの修理の前にスポイラー修理 | ホーム | '06 MUSTANG HID修理 ブレーキから異音>>

コメント

ま、時間相当かかったでしょ。

  1. 2014/05/14(水) 12:55:56 |
  2. URL |
  3. satoru #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> ま、時間相当かかったでしょ。


そりゃまあざっと一時間位。
  1. 2014/05/15(木) 08:16:43 |
  2. URL |
  3. himenomotors #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/1663-63e0f72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking