The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

VW T4 イモビライザーのトラブルを考える GET OVER IT.

激動の(?)一週間でしたが今日は土曜日。一昨日はずっと抱えていた懸案事項を克服したので大変スッキリできました。
非常に清々しい気分です。問題の取り組み方、克服の仕方には色々ありますが、やっぱり整備士らしく理詰めでやって
理論的に仕事をしたいものです。


例えば、故障の原因、修理の仕方で躓いた時にAだと思うんだけどそれを証明する為にはBではない事を証明する必要がある。
あるいはCとかDじゃあない事も証明しないといけない。ではそれをどうやって証明するか。工具を握ってるばかりじゃなくて
こんな感じに頭フル回転が必要なんです、車屋さんて。
004_20140322083059819.jpg
T4ヴァナゴン、ユーロバンのイモビトラブルの問い合わせは非常に多いです。今回、正攻法による修理の仕方は確立できたと思ってます。
其処に辿り着くまで随分と悩んだり色々な作業をしました。使った道具も手持ちの物じゃ到底足りなく、色々と仲間に
お借りしたり資料を頂いたり、鍵屋さんも足しげく通って色んな道具を試してみました。散々色々やった挙句に一つの結論に
辿り着きましたが、これは自分だけの力じゃ無理でしたので此処で大っぴらに書いたりはしません。


005_20140322083432f93.jpg
次の課題です。輪業舎さんから頂いたコレを検証しないといけません。これを使って上手くいけばECUを騙してイモビトラブルフリー
が実現するかもしれません。これからはそういった作業にチャレンジします。


007_2014032208362846e.jpg
また、同梱こちら。石川県のご当地グルメなようです。門外不出、ましてや関東ではお目に掛かる事はありません。早速
検証したところ、非常に美味であることが確認できました。


006_20140322083758266.jpg
サンプリングのネタ元はコチラな様です。次はコレの検証ですね。整備士たるもの、常に神経を研ぎ澄まし五感をフルに
使わねばなりません。その為には舌先の神経を鍛える事も必要なんです。有段者になるとクーラントを舐めて劣化具合、
濃度を測定しますから。


009_201403220840346f7.jpg
今回の案件は、再度申し上げますが自分一人では辿り着けない領域でした。そこに費やした時間はお金に換算はしませんが、
膨大な時間を費やしています。故に自分の宝ですしそれらを協力してくれた仲間達と共有したいと思います。


010_20140322084242935.jpg
地方の方はスイマセン、対応できないんです。そちらの環境が判りませんから。また、随分苦労して辿り着いた結論です。
「自分でやるからやり方教えてチョンマゲ」みたいなのもご勘弁下さい。出来ないと思いますし。解決には無くてはならない
道具があるのですがアレは個人で持てるもんじゃありません。


008_20140322084515d2f.jpg
故にECUを騙くらかす例のアレを検証し、実用化しないといけませんね。それだってタイムプルーフが必要です。直ぐには
出来ない事でしょう。弊社はT4専門店じゃあ御座いませんし、エキスパートではありやせん。多大な期待はご勘弁を。


011_20140322084726963.jpg
とゆー訳で南林間の和菓子屋さんの苺大福も検証しました。この苺を作ってる生産者さんから頂いたものです。これは
かなり美味しいです。かなり美味しい苺大福です。ちなみに、昨夜の夕飯は富山県産のホタルイカと鰹のタタキ、レバーの焼き鳥でした。
日本酒が、ウィスキーが堪りません。




今週もお疲れ様でした。今日は午前中で帰って地方に出張です。また来週~






スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/03/22(土) 08:51:00|
  2. VW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車屋さんはあっちへこっちへ大忙し 下取り車、皆でシェアして有効活用(春の標語) ヒゲチャビンとじんちゃんと私 | ホーム | 車検場はでら混み 車屋さんは東へ西へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/1625-42465ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking