The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

モーガン プラス8 後ろ足の改造

身体は絶好調なのですがご飯の量が減りました。胃の具合が悪いつもりも全く無いのですが妙にお酒が沁み入ります。
そんな訳でお酒の量も減りました。リハビリに努めたいと思いますがお付き合い下さる方募集中。誰かと飲めばリハビリも
効果的ってなもんです。


さて、途中で随分時間が開いちゃったモーガンの改造、後ろ足編。
012_20140123081303903.jpg
バッテリートレイをリロケートしなければならないので先ずは切り離す。後ろ足の改造、先ずはリーフスプリングのワインドアップを
抑えてトラクションの掛かりを良くしていく。リア駆動の車の場合、駆動トルクが掛かる時にデフの先端を持ち上げようとする
反トルク作用が発生する。その時リーフスプリングの車の場合リーフがたわむ事でワインドアップという現象が起きる。
これが起きるとトラクションが抜けてしまったりする。なので、例えば大排気量FRのマッスルカー等はトラクションバー
等と呼ばれる部品でリーフの動きを抑制したりする。


013_2014012308165939e.jpg
で、リーフがたわむ様は随分前にうちのローラーで確認済み。デフが激しいピッチングをしてる。今回はイギリスのレース屋さん?
が作ったっぽいアンチトランプバーというのをリーフスプリングの脇に取り付ける。で、スペースが全く無いのでトレイを
リロケートし、スカットルも切りぬく。


014_201401230819244c5.jpg
こんな風に木で出来てる。ボルト類はタッピングだったり、相手側にナットが居たり。下周りのネジ類は防錆のワックス
というかタール状のモノがこびりつき工具がすんなり入らない。


015_20140123082055727.jpg
この繰り抜いたところをバーが通る。


004_20140123082404a88.jpg
Uボルトを抜きたいのだがほぼ真っ直ぐな硬いリーフとシャーシとのクリアランスが狭いので工具が入らない。なので一度
リアアクスルを持ち上げたり色々とやる必要がある。


001_201401230826248d2.jpg
画像ではブラケットが無事に付いているが簡単には付いていない。なだめたりすかしたり、時にはイギリスに伝わるジョーク
を交えながら。特にルーカスをネタにしたジョークは英国車相手には非常にウケが良い様で。そして後ろ側に見えてますが
パンハードバーの取り付けも同時進行。パンハードバーは横方向へのリアアクスルの動きを抑制する。早い話、パナールロッド。
パナールロッドとかラテラルロッドに弱点があるとすればサスペンションのストロークによりリアアクスルを抑制するどころか
実は片側へ押しやってしまう働きがある。だからワッツリンク等がある。でもこの車の場合、ホイールトラベル量がそもそも
少ないのでその影響は無い、或いは体感できないと思う。実際完成後に乗ってもそのネガな部分は全く感じられなかった。


と言う訳で紙面が尽きたので此処まで。




スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/01/23(木) 08:33:31|
  2. モーガン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アルファ147 セレスピード故障 multiecuscanを使う 何時も誰かに助けて頂いています | ホーム | スーリー イ-ジーフィット 簡単装着な高性能チェーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/1579-e1330882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking