The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

BMW E46 点検&整備 その2

暖かくなるのは良いですが、ちょっと風が強すぎます。ビル風が強いと思われる方面でメット着用のサラリーマン
の皆様、何時もお勤めご苦労様です。メットの飛散にお気を付け下さい。


このところ仕事が予定どうりに行きません。とゆう事は入庫の予定も立たなかったりとマズイ訳です。簡単に終わる
類の仕事はまずありません。どうかご理解の程をお願い致します。


023gfkt.jpg
024_20130313082438.jpg
025djrr.jpg
026.jpg
027sdhew.jpg
028wjew.jpg
029_20130313082611.jpg
DS708でE46のシステムチェック。気になる項目は同型車両を持ってるBMW常総に聞きましたがうちにも同じ車が
あるんで横着しないで横に並べても良かったですね。でもホラ、判ってる人に聞いてアドバイス貰えると安心するんですよ。


019_20130313082817.jpg
車が真っ直ぐ走らなかったり直進時にステアリングセンターが出てないと不愉快ですよね。だもんで先ずは基本的なとこから。
本当は4輪アライメントがベストなのでそちらをお勧めして行う事もあります。


020djrj4r.jpg
CSIのベガスラボにおいて劣性遺伝故の絶対嗅覚の持ち主であるホッジスが睨んだ通り、ステアリングの調整を
片側のタイロッドのみで行ったようでした。そんな前時代的な仕事はもう止めましょうよ。きちんと両方を調整し、
良い位置にまとめました。この作業、一度でキマル事もあれば数回の試運転を繰り返し間に挟む事もあります。


003_20130313083330.jpg
距離は若いですが、スパークプラグを交換します。もしも、もしも仮に常用回転域が全く同じな4気筒と6気筒の
エンジンがあったとしたら、良く言われる10万キロの寿命が一緒だなんて事があるのでしょうか?燃焼室の
条件を無視すれば点火する回数がキモだと思います。だとすれば同じと言う事は無くないかい?もっと言うと回転域が高い、
つまり点火する回数が時間当たり多い主に3気筒な軽自動車のプラグは?同じ?な訳ねーべや。


004rjwrwr.jpg
と言う訳で交換致しました。


005_20130313083803.jpg
キャビンフィルターの交換はカウルトップ周辺をバラして。


007_20130313083851.jpg
白い歯っていいな、ホワイト&ホワイト。スッキリしますね、見比べると。


とゆー訳かどんな訳か知りませんが、ジャーニーみたいにドンストップ・ビリービンですよ。


スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/03/13(水) 08:40:45|
  2. BMW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<古い車でも現代の路上に対応できます。できるの?それはあなた次第です。 | ホーム | BMW E46 点検&整備>>

コメント

プラグにしてもサイドスリップにしてもその通りだよね

イリジウム入ってるから大丈夫!なんてね
「イリジウムだから大丈夫」の根拠がわからん
サイドスリップにしても車検場のテストセンターで時間の都合だろうが 片方のみの調整でお帰りになられる方帰ってからどーしてんだろ?直してんのかな~
  1. 2013/03/13(水) 09:03:59 |
  2. URL |
  3. ナガツマン #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> プラグにしてもサイドスリップにしてもその通りだよね
>
> イリジウム入ってるから大丈夫!なんてね
> 「イリジウムだから大丈夫」の根拠がわからん
> サイドスリップにしても車検場のテストセンターで時間の都合だろうが 片方のみの調整でお帰りになられる方帰ってからどーしてんだろ?直してんのかな~


サイドスリップなんか片側だけ弄ってそのままお客様にお返ししたら怒られないのでしょうか?
車検場まで行って近くで調整してる場合は自分の所に戻って調整してもその値が正確か判りませんよね。
後は推して知るべし。だからやっぱ予備検場でキッチリ合わせとく必要があるんだね、奥さん。

プラグもなんすかね、イリヂウム神話。早め早めのプラグ交換はコイルにもきっと良いんでしょうから
お薦めですね。
  1. 2013/03/13(水) 12:22:59 |
  2. URL |
  3. himenomotors #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/1350-944c8bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking