The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

BMW 2002tii 最後はスロットルの同調

このところ朝夕涼しいです。パッソルは寒いので自転車にしようかな。


003_20121010081120.jpg
先日の話。皆大好き四角いチンクエチェントは塩釜の宮城支店、クルマトデビルさんへ旅立ちました。あろう事か
この数十メートル先で現行の500とすれ違ってます。弊社的には空冷とこの型だね。現行はさっぱり来ません。


001_20121010081434.jpg
皆大好きマルニさんは独立スロットルです。デフォの2002tiiはシングルなので不要な作業ですが、独立スロットル
はこれをやらないと気持ち良く走れません。先日も調整したのですが、又狂ってしまいました。それも原因はありますけど。


002_20121010081707.jpg
弊社の前は若干上り坂になってます。前の道路が補修の度に低くなった為です。決してシャコタンとかデッパとかが
入り難い様にしてる訳じゃあございやせん。かといって街道レーサーを乗りつけられても困りますが。その坂を
越えて入って来る時にスロットルの同調が狂ってる車は判ります。音で判るんですよ、奥さん。いやマヂで。


004fjf.jpg
なにもアジャストスクリューだけで調整してる訳じゃないですよ。バタフライのシャフトのロックを緩めて捩じったり。
年季の入ったスロットルは一筋縄じゃいきやせん。時には綺麗なこの手を汚しながら挑んでいます。


005_20121010082152.jpg
しかも頭からブローバイガスに晒されるので顔からツナギまでブローバイ臭くなります。でもこの手の仕事は職人
っぽくて好きですね。単一車種ばかりで同じ様な仕事が多い職場だと外部診断機も接続しないでいきなりその辺に
転がってる部品と交換して「わーい直った!」ってなりがちですから。


006_20121010082401.jpg
私は結構この仕事が好きです。どんどん調子が良くなって来るから。一寸した匙加減で変わるし。こんな仕事を
させてもらえて幸せですよ。昔に日産のA型エンジンで培った経験が役に立ってます。結婚式の前日の夜中まで
掛かってソレックス着けたっけ。両国まで行って買ったトラストのタコ足は310用で助手席のフロアーを叩き
まくって着けたり。


007_20121010082712.jpg
最後に実走。同調が取れてると非常に気持ちのいい音がします。それって重要な要素ですよ。とっても胸がスキます。


011_20121010082940.jpg
ウィンカーが点かない原因はコレ。金具が飛び出てます。ビコーズ、割れてるから。


014hret.jpg
開先を開いてプライマーを吹き、デブコンの接着剤を流し込みます。


018_20121010083146.jpg
更に開かない様にタイラップで巻いてから充填。ママもこれならオッケーだってばよ。


002_20121010083336.jpg
バッテリーの固定具もアングルから作りました。切って穴開けて磨いて塗っただけですが。


と言う訳で完成です。


今日はこれから車検に行く訳ですが、車内が空っぽ。留守番が居ませんよ。明日はどっちだ?
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/10/10(水) 08:35:30|
  2. BMW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<V70XC 異音修理 流石元ディーラーマン  &夜のお仕事 | ホーム | 守谷のドンと盃を酌み交わしたり  世間的には連休ですが仕事したり  アタック・ザ・キラーシャンテがゆく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himenomotors.blog43.fc2.com/tb.php/1229-31c09e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking