FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

人為的に作られる故障は直すのが大変 T3ヴァナゴンのクーラー

また週末に台風っぽいですが悪意を感じますね。


P9039211.jpg
コンプレッサーがオンしないT3。何処までオリヂナルか判らない仕様なので大変。おまけにキャンパー。
プレッシャースイッチやフューズを探す事数日。


P9039212.jpg
どうやら調べるとこのシステムは~'85迄らしい。


P9039213.jpg
この後は棚が抜けて点検できる構造なんだけど之は出来ないから棚をどかすしかない。で、スイッチもフューズも無い。


P9079230.jpg
更にグラウンドしているという最大にして最強なオマケ付き。無責任にバイパスすれば良いじゃんて意見もあるが
入口が判らないのにバイパスのしようもない訳でそんな意見は到底飲めない。コレはテスト用にLEDの帯をぶら下げてる。


P9149266.jpg
サーミスタのカットオフリレーっぽいのを発見したので分解。リレーのカバーもカットして点検。部番から海外の
フォーラムが引っかかるがやはりこの年式に使われてるっぽい。


P9149267.jpg
スイッチもフューズも無い事を目視で確認。ダッシュ裏のリレーを何度も点検してるうちに気付く。配線が刺さってる
場所がリレーの足の位置と違うじゃないか。コレじゃ動くもんも動く訳がない。バカヤロー。更に更に、配線が90°づつ
ズレて刺さっててリレーの仕組み解ってんの?って毒づく。


P9159270.jpg
更に平ギボシが割れてるとか直して暫定的にバイパスさせる。いけそうなので配線を作り替える。


P9159269.jpg
グラウンド箇所を探すがFFヒーターもあるし判らない。外して殺す事で安全性は確保されるのでソレで良しとする。
だって此処までどんだけ時間掛かってるのか。工賃だって掛った時間分請求したらエライことになるぞ。


P9189275.jpg
真空引きして放置。ガス入れて完成!とはならない。なんか(大坂風)変な音がするからもう一度電装屋さんへ。
ケースを交換してくれたら直りました。じゃあ今度こそ完成。って思うけど高圧が異常に上がるし安全機構が無いから
っていうのを最大限考慮した結果で消化不良ですが部品も無いし一先ず手打ちって事で。





スポンサーサイト
  1. 2018/10/03(水) 08:33:06|
  2. VWカラヴェル・ヴァナゴン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking