The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

T3カラベル 点検&整備その3

寒くて乾燥すると静電気がアレだからマヂで嫌です。アウターハンドル、キーシリンダー、シートとお尻でも
静電気を感じるこの季節はエレキングだな。エルキングじゃない。


PC225678.jpg
T3のハブベアリングのよくある光景。他の車よりもかなり交換頻度が高い個所です。覚悟してください。


PC225684.jpg
T3ってそもそも基本設計が古いんだけど、それにしたって大丈夫?って思う箇所が多いです。錆、腐り易い
ボディとか漏れやすい水、油。ベアリング、ボールジョイントの類は容量不足?って位短いスパンで替えるようだし。


PC245696.jpg
これから所有される方は覚悟してください。車にかなり歩み寄らねばなりません。


PC245697.jpg
それと今まで見てきた車屋さんでコンディションが決まりますね。最終的なオファーはオーナーがする訳ですが、
車屋さんが車を知らないと見るべきところを見ていない。ま、どんな車にも当てはまりますが。


PC245698.jpg
こーゆーのは怪我の功名的な。


PC245699.jpg
分解して奇麗にしてよく観察すると


PC245700.jpg
こういった不具合を発見できます。


PC245701.jpg
最終的には車屋さんに努めてる人次第。それは僕も含めてなんで過度の期待や夢を抱かないで欲しいですが。


PC255704.jpg
頭っから外国の製品を信用していない訳じゃないですが過去に散々痛い目に合ってるので組み直す。


PC255706.jpg
ダストの量からも納車整備の程度が伺える。


PC255707.jpg
こーゆー所とか


PC255708.jpg
こーゆー所に処理をするのが僕らの仕事なんですが。


PC255709.jpg
こちらはキャリパーがバネを壊してた。残念です。


PC255710.jpg
ブレーキフルードはそれでも替えた様だ。


PC255713.jpg
PC255714.jpg
こちらは新品。


PC255715.jpg
PC255716.jpg
昭和の整備士なら皆知ってるが、ディストリビューターのキャップとローターは定期交換部品なんです。
ちなみに僕は平成になってからです、整備士になったの。


PC255717.jpg
ベルトも三本替えました。三本とも同じメーカーで文字の向きも揃ってると気持ち良いですが極めて当たり前に
そんな事がなってない車も多いです。いや、機能は変わらないんで気持ちの問題だけどね。


PC255718.jpg
こーゆーのを見るとほら、替えたくなるでしょ、奥さん。






ではさよーならー。








スポンサーサイト
  1. 2017/02/07(火) 08:33:51|
  2. VWカラヴェル・ヴァナゴン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking