The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

'68 MUSTANG Disc Brake conv. アメリカのブランドのキットに苦しめられる

昨日は良い肉の日なのにステーキ肉が厚切りで無かったそうなのでレバニラでした。しかも休肝日宣言
したのでそれをお茶で食うという。結果、あまり変わらんです。尤も、一日くらいじゃ変わらないのかも。


PA275000.jpg
マスタングのフロントブレーキをドラムブレーキからディスクブレーキに替えます。で、今回は結構いい会社のキットに
しました。でまあ、よくあることなんですがアメリカのキットは概ねナチュラルフィニッシュ!な部品が多く、そのままでは
錆びてしまうので塗装します。脱脂してウルトのジンクスプレーパーフェクトを下塗りに。この時点で謳い文句の

「14インチもオッケーだよ!」

を信じています。


PA275001.jpg
キャリパーはVHTの耐熱シルバーで塗り重ねます。


PA275003.jpg
スピンドルは黒。パウダーコートとかされてる商品が無かったんで。


PA275004.jpg
で、ドラムブレーキ。


PA275002.jpg
外します。良い子の皆は一度仮組してから塗装しましょうか。


PA285024.jpg
当然付くよな。


PA285025.jpg
ベアリングにグリースをたっぷり詰めます。


PA285026.jpg
構成部品も多いのでこの辺でやっと仮組してチェック。どーせ後に引けないから。良い子はマネするな。


PA285027.jpg
この辺で首を傾げる。


PA285028.jpg



PA285029.jpg
メガヒット。


PA285030.jpg
更に、パッドを固定するピンの突き出しが少なくクリップが嵌らない。いや、僕は嵌ってる。キャリパーを一寸削る。


PA285031.jpg
更に座繰る。おまけにシムを入れると組めなくなる。ローターが厚いのか?てゆーかアメリカ人は簡単な足し算引き算
が出来ないのか?


PA285032.jpg
もっかいあてがう。


PA285033.jpg
相変わらずヒットザロードジャック。そもそもこのブランドのこの商品、注文時は一か月待ちだったのが最終的に
半年待たされた。結構有名なブランドなんだけどね。まあ今までも色々味わってきたのでアメリカ人の言う

ボルトオン!なんて嘘に決まってると知ってますけど。


奴らの言うボルトオンは切ったり削ったりはするけど旋盤とかフライス盤とか溶接機は要らないよ♪って意味です。




11月も終わりかよ。溜息しか出ない。








スポンサーサイト
  1. 2016/11/30(水) 08:35:00|
  2. 輸入車アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking