The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

プジョー405Mi16 良いですよ、この車は。売りたくない位。 405とジーンハックマンとフレンチコネクション。

皆が整備稼業のフロントラインで活躍してますが、私はマイペースに’93の車で喜んでいます。昔から世の中に
動じないマイペースさに定評があります。でも映画版「モテキ」の仲里依紗が「需要はありますよ」って言うので
自分の事だと思っておきます。


では自慢の一台を御紹介。
003_20120831082912.jpg
なんとなく森で。赤が綺麗ですね、このお車は。それだけで、ただそれだけでヤッホイ。ピニンファリーナの車は
昔っから好きですが、この顔は当時から虹鱒に見えて仕方なかったです。大好きですが。この表現は理解されないか。


004tryjrtehe.jpg
四角くて嫌味の無いスッキリしたナイズデザイン。今こんな車ありますか?猫も杓子もつり目に大口。没個性も甚だしい。
この年代の車はそう言った意味では最高です。サイコー。


005_20120831083439.jpg
でも年式を忘れさせるとっても綺麗で状態の良い内装、ダッシュ周り。ダッシュ割れ無し。傷、糊痕も無くツルっとしてます。


006_20120831083558.jpg
東北支店長が心配してましたが、油が抜けて枯れちゃうコラムのカバーがどーですか、綺麗なもんでしょ奥さん。


007_20120831083659.jpg
そしてこの革シートの状態がとっても良いんです。キーホルダーとかジーンズの金物とかによる傷も無いですし
しわが禿げてもいなく、柔らかいまんまです。フランス車は常々シートが良い!と言っておりますがこの車は
最高です。肉で言うならA5。厚みのあるクッションだけどいい塩梅にホールドする形状してるんです。これは凄い。
この後フランス車はどんどんシートが薄くなっていきます。そんなわけでこの時代までのフランス車のシートは
知っておく価値がありますよ。


008_20120831084021.jpg
後ろなんか応接セットですよ。この車は運転するのも超絶的に楽しいですが、後ろに乗りたいです。是非とも後ろで
ドライブに行きたい。内装の修理はお金が掛かりますから。その部分がこれだけ程度が良いとそれだけで得した気分です。


009_20120831084231.jpg
405の凄い所!リアのアームレストを倒し、蓋を開けるとこの様なビニールの袋が出てきます。


010_20120831084333.jpg
トランクスルーでスキー板や釣り竿を入れても車内が濡れない!んです。凄い装備だー。ギミック好きの男の子の
ハートをガッチリ掴んで離しませんよ、こりゃ。しかも、外して普通に長尺物を入れる事も可能。車の隅々まで
コストが掛かってるのが’90s前半までの車ですよね。


ではこっから、とっても凄いこの車の整備記録を抜粋。

H12、6、6 42579Km        サーモスタット、LLC交換
H21、5、4 51991Km        タイミングベルト
                       テンショナー
                       ウォーターポンプ
                       タペットカバーパッキン
                       LLC
                       フロントブレーキパッド   交換
                       四輪ブレーキローター研磨・OH
H22、4、20~9,19 55968Km  ラジエーター   燃料ポンプ
                       タイロッドエンド左右   燃料フィルター、ホース
                       カムカバーパッキン  パワステクーラーホース
                       エンジンオイルパン再シール  ドライブシャフトブーツ
                       ボーレンフィルター  ステアリングラックブーツ
                       サーモスタット  ヒーターホース
                       ラジエーターホース   リアマフラー
                       ブレーキホース前後  バッテリー  交換
H22,12,19 56458Km      パワステシリンダー
                       イグニッションコイル
                       LLCレベルセンサー
                       ラジエーターOリング
                       ウォッシャーポンプ   交換
H23,4、4 57475Km        右フォグランプ バルブ
                       LLC2L
                       エンジンオイル   交換
H24、4,11 62971Km       右ストップバルブ
                       フロント・ハブベアリング  交換


どうですか?以前のオーナーが打ちひしがれて手放しと言うよりも手厚い保護を繰り返され愛された車っていう印象では?
中古車として、この点の差は大きいんですよ。出発点が全く異なりますから。故に私も販売するのに躊躇したんですが・・・



K様、ご成約有難う御座います!    
全国4千万の405ファンの皆様、スピード成約で御座いました。


もう次に405を仕入れる事は無いでしょう。これだけの405を見ちゃうと。。。
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!
が私の信条とするセールストークですが、後悔させない車です。やっぱり良いものが欲しければ
四の五の考えないで取り敢えず飛びつく。という気持ちが必要ですね。


今回こんなに素晴らしい405を入れられた背景には色んな要素がありました。
輸入車屋さんが先ず来ないメーカー系オークション。その中の現状渡しが条件の安価な車が集う入札形式の仕入れ場。

ごくごく稀にこんな出物にお目に掛かれるので一応チェックはしています。
そんなところで見つけちゃいました。でも相手の出方が判らないオークション形式とは違う入札形式。
まあ勝つ自信もありましたが、これが輸入車屋さんも来る所だったら跳ね上がったでしょうね。

405が出る事さえ稀なのに、程度はバリもんのこの車。
多分に私の引きの強さが影響していると言わずにおれません。

こんな風に生きてれば良い事がありますので前向きに行きましょう。
では又の機会を楽しみにお待ち下さいませ。



スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/08/31(金) 09:07:09|
  2. SALE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking