FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

シボレー シェビーバン ブレーキ修理その②

今日は昨日お伝えしている通り、この後講習に出かけますので不在です。保険の資格を新たに取る為の講習で、
眠くなりそうです。しかも、昨日確認したら試験は横浜の東口でした。折角伊勢佐木町でお寿司を頂こうと思ったのに。
いや、電車乗って行くか?


シェビーバンはマスターシリンダーをアメリカから取り寄せたのですが、発送に至るまでのプロセスでアメリカ人特有、
と一括りにすると怒られそうですが、今まで何度も何度も個人輸入を繰り返してきた結果の印象なんですが、その
特有の大陸的な時間的概念のお陰でなかなか発送されず、かなり焦りました。しかも、発送してからもFedexの体質、
傭車(代打に別会社が配達してる)は使わないと言ったのに実際は使っていて、その運転手が又いい加減故の遅配、
などかなり怒りと焦りを伴ったものでした。
018_20110118083841.jpg
国内手配のホイールシリンダーは何故かサイズが合わず。VINで調べると絶対にこれだと言う。でもアクスルのタイプ
で話をするとヘヴィデューティなアクスルの方がホイールシリンダー径が小さいと言う説明になる。それっておかしくない?
しかも、こっちはドラムのサイズ、ライニングの幅で確認してる訳だし。でも運良くリペアキットの在庫を持ってました。
やはり昔に取ったけど合わなかった部品です。運が良いとこうして忘れた頃に役に立ちます。

017djfdd.jpg
ブレーキローターは自社で研磨しました。虫食いの様な巣穴も多く、偏摩耗も目立ったからです。

019yufjyk.jpg
キャリパーはファクトリーリビルドの物を。古いアメ車の場合、部品代や工賃、摩耗したスライドピンやブッシュ
の事を考えるとリビルド品を買ってしまった方が安くつくと言う状況です。ピストンも錆でメッキがやられてる場合
もありますし、手に入らない時以外はこうした方法も有効だと思います。

ギリギリに届いたマスターシリンダーを交換し、試運転してチェックして終了。納期ギリギリ(本当は少し伸ばして
頂きました)でしたがなんとか間に合いホッとしました。外的要因で悩まされるのは困りものです。

それではぼちぼちお勉強に行ってきます。
スポンサーサイト



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/01/18(火) 08:49:20|
  2. 輸入車アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking