FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

それでも進化(修理)は止まらない  ’1969 CHEVELLE

お正月ムードなのか、割と時間がのんびり流れています。また三連休ですが、明けたら忙しくなると良いですね。

最近、「サードウォッチ」を第一話から観返してます。かなり好きなドラマなので。その第3話だったか4話、
警官は’73マスタング、消防士は’69シェベルで通勤して来て駐車スペースで小競り合いするんですが、
NYでこんな光景ってあるんですかね。カッコ良いです。また、’69のシェベルは本当にカッコイイと。
前回り、分厚いバンパーと、細かいグリルに彫りの深い四灯は結構保守的なんですが、そこから後ろに向かって
増えていくグラマラスな造詣が何ともいえず上手く調和しています。


さて、昨年不幸が続いた我がシェベル。修理も兼ねてチューンナップ。
008_20110107085431.jpg
パワステポンプを交換。やればあっけないのですが、億劫でした。とはいえ、買って来たままでは着きません。

009_20110107085534.jpg
ディストリビューター、イグニッションコイルの仕様変更。このマロリーのビレットディスビ+HEIから、
MSDプロビレットディスビ+ブラスターSSコイルに変更。ハイパーテックのコイルは、ハイパワーなんですが、
HEIからなのか、あまり高回転向きでは無いと。説明文をよく読んだら致命的な文言を発見したので、それ以来
気になって仕方が無く、現状で問題は無いですが換えます。マロリーのディスビもしかり。特に問題は無いです。

007_20110107085909.jpg
みかんで季節感を出してみました。交換する前にガバナースプリングでアドバンスカーブ、ブッシュで最大進角幅
を変更します。デジタルイグニッションを使って電気的なアドバンスカーブでも良いのですが、バックアップで
6Aも使うのでガバナー進角は殺しません。6AL2はデジタルで進角するんですけどね。

最近、マロリーといえばL型のチューニングで注目を集めてますが、あんまり国産ではチューニング用のディスビ
って用意されてませんね。市場規模が違うのは当然なんですが、なんでも安くチューニング出来るアメリカンV8
はとても良いオモチャです。実際、高剛性な削り出しボディのディスビは高回転時でパワーに差が出てるんですよ。

ディスビもこの車を買ってから数回仕様変更している部分ですが、最初は純正ディスビをチューンナップするとこ
から始めました。ちゃーんと純正ディスビ用の重量の違うガバナーとか、硬さの違うスプリングとか用意されていて、
進角特性を変更できるんです。面白いですね。

さて、明日から連休です。事故等起こさない様に、良い週末を。
スポンサーサイト



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/01/07(金) 09:07:29|
  2. '69Chevelle SS396
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking