FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

アルファロメオ ジュニア ザガート 配線がショートしているので修理 その⑥

昨夜は子供達が寝室へ行った後、なんとなく出掛けたくなり、一人で一寸お出掛けをしました。というのも、
玄関を開けた所にハーレーがあったもので。履き古したワークブーツを引っ張り出すと、見事にカビが。
今度ワイフにラナパーで磨いて貰いましょう。ワークシャツを着て、先ずはパシフィックコースト保土ヶ谷BP。
ファイナルの関係なのか、100キロ+の車の流れに合わすとあんまり楽しくなく、80~90km位が心地良いかな。
そのポジション故、全身で受ける(帆布の様に)風は少し秋を感じさせるものでした。ほんの少しですが。
ウィンドウジャマーになってあてもなく横浜の街をグルグル。嘗ての職場である港周辺も散策。やっぱ港は最高。
風や空気の匂いが港独特で、久しぶりに落ち着きました。
少し仕事で疲れた時、バイクに乗るとスッキリします。30年後もこうしてバイクに乗っていられたら良いなと
思いました。昔ほど乗らなくなったけど、その分密度の濃い時間を過ごしている気がしないでもないので。

でも車が減りましたね、世の中的に。車屋さんも淘汰されていってしまうのでしょうか。


さて、アルファの修理の続き。
ベアリングは在庫があり、直ぐに届きました。ジュニア・ザガートの場合、何かにつけて部品の特定が難しい
場合があるそうです。
010ghxgh.jpg
が、ミッションの搭載もすんなりいかず。。。
スタットボルトの一本が、過去にヘリサート加工されていたようなのですが、そのヘリサートがボロボロになってしまい、
ブロックに開けた下穴に完全に埋まっていなかったようでした。そんな訳で、ナットを締めていくとスタットボルトが
回ってしまい、しまいには飛び出す始末。よくよく観察すると、下穴に開けたヘリサート用のねじ山がボケてしまっていました。

どうやって直すか、暫く考えましたが、幸いな事に貫通穴だったのと、元々大きめの穴でしたので、思い切って
ブロック側から頭を加工したボルトを入れ、ナットで固定する事に。これで大丈夫だと思います。

古い車はその歴史の中で、色々な事が起こっており、割と驚く事態に陥る事もあるのですが、そこをどうしのぐかが
腕の見せ所なのですが、色々と勉強になります。


当社の場合、国産車の車検整備等は内容的に殆ど同じ仕事の様なものなのですが、輸入車の修理は全く違います。
同じ類の仕事はとても少ないのです。バラエティに富んだ車種、富んだ仕事で、目の前の車の構造を推理しながら
過去に培った経験を用いて取り組んでいくので、難しい場合も多々ありますが、非常に勉強になってます。
そもそも街で見かける事が珍しい車で、同じ作業なんて、弊社の様な小さい会社では殆ど無いのですよ。


ジュニア・ザガートの修理も大詰めになってきましたが、実はまだまだハマってしまうのです。それも勉強不足から、
という見方もできるかな。。。毎日精進です。
スポンサーサイト



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/09/03(金) 08:54:45|
  2. 輸入車イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking