FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

よろず故の研修

皆さん、ご無沙汰してます。昨日、一昨日と研修に行き、みっちり勉強して参りました。
昨日受けたセミナーはハイブリッドカーのセミナーですが、以前同様のセミナーを別場所で受けてから
二年経ち、その間に新型インサイト、30系プリウスと発売になり、新たな技術を学ぶ為
受講と相成りました。私達技術職の場合、常に新しい技術情報を求めていないとついていけません。
純粋な技術は日々の鍛錬で鍛えられますが、最近の車は膨大な情報の元に整備をしないといけません。
昔の様に、なにかの応用の積み重ねで仕事は出来ず、新しい機構を理解していないと先ず直せません。
しかも、ハイブリッドカーはその特異性、つまりは高電圧ユニットが存在し、本当に触り方をしらないと
感電して死んでしまいかねません。そんな訳で、当社にはさっぱりハイブリッドカーの入庫は無いですが、
よろず修理工場故、いつ入庫があるか判りません。また、一、メカニックとして知らない分野を持ちたくない、
という事もあり、勉強は常に欠かせませんね。
002_20091209141742.jpg
こんな風に専用のゴム手袋も使います。性能試験は交流1,500Vで一分間行われています。

30プリウスのインバーター脱着なんて、ディーラーマンでもそうそう経験者は居ないのでは?
なかなか内容の濃い、良いセミナーでした。
専門店化は経営的に難しいかもしれませんが、メカニック的には楽なんですよ。昔、私も大型セダンの
専門店に居ましたが、車種のバリエーションが少ない為、ルーティンワークに近い物がありました。
楽なんですが、スキルは上がりませんよね。現在の当社は古い車から新しい車まで、キャブの車から
インジェクション車まで、国内外問わず扱う為、あらゆる知識と技術が必要な為私達も大変です。
が、どこの町にも一件はありますよね、なんでも診てくれる病院。子供の頃からお世話になるような。
そんな車屋さんになれたらと思っています。

そんな訳で、ハイブリッドカーの点検、整備、車検も当社までお任せ下さい。きちんとした知識、
技術、設備が無いとブレーキフルードの交換もできません。
スポンサーサイト



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/12/09(水) 14:28:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking