The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

あなたのお車は本当に大丈夫ですか?

昨夜も自転車に乗りに出かけたのですが、雨の降りが強くなり、途中でスーパーに寄り
閉店間際の50%オフ、秋刀魚の刺身とワインを買ってしまい、帰宅して呑んでしまいました。
ダメですね、自制心が無いというか、なんというか。しかし、美味しいものは美味しい訳で、仕方ないですね。

さて、車検で入庫した車なんですが、ブレーキホースが危険な状態です。
005_20090930124642.jpg
某国産車、というか、天下のトヨタなんですが、二本使っている車両は傷みが激しいですね。
捩じれる角度が大きいのでしょうか?普段全く整備をしないで、車検もユーザー車検でブレーキ残量、
ブレーキホースの状態を点検されていない方、知らない間にこんな風に危険な状態になっている
かもしれませんよ?というよりも、ブレーキホースは定期的な交換を心掛けたいものです。
何と言ってもあなたの命を預かる大事なブレーキの部品です。また、あなたのみならず、周りの人、
車全ての安全に関わる部分です。軽視できないのではないでしょうか?



車検の検査の実態について。
ユーザー車検をされた事がある方は驚いたのではないですか?あまりにも簡単に検査が終わって。
車検場の検査コースでは外観、灯火系、排気ガス濃度、下回り、サイドスリップ、制動力、スピードメーター、ヘッドライト、
の検査を行う訳でして、極端な話、ブレーキパッドの残りが0,5ミリであったり、明日切れそうな
ブレーキホースであったとしても、数値として制動力を発生していれば車検は受かってしまいます。
ですので、車検に通ったからと言って、その車が安全であったり、向こう2年間、次の車検まで
メインテナンスフリーで安全に過ごせますというお墨付きでも御座いません。ですので私達整備業者が
分解整備をし、お車の状況を伝え、予防整備的な事まで御提案している訳でして、そこに車検費用の
各種手数料分がある訳です。

その時の車検費用を抑えようとするあまり、大事な点検が疎かになっているかもしれません。
ブレーキホースが切れると怖いですよ。制動力が落ちるので追突するかもしれません。或いは、
飛び出してきた人、車、自転車、バイクを避けられないかもしれません。

不安に思われた方。安全と安心はある程度お金で買えるものです。大事な車検整備、定期点検を
もう一度考えてみて下さい。
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/30(水) 13:01:13|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking