The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

ゴルフⅡの整備

016shift.jpg

GTIのフロントストラットアッパーマウントを交換しました。
見て下さい、高さが違うと思います。この分はゴムのヘタリとかで、まんま車高に反映されます。
それと、ベアリングも入っているのですがその部分のガタ、またコーン部分のヘタリにより、
ストラットの保持、ホイールアライメントに影響が出てしまいます。
タイアが地面に着いている時は平気なのですが、リフトで上げるとストラットにガタが出来るため、
交換しました。この部分のガタは思いきりハンドリングに影響しますし、何より危ないです。
ゴルフⅡに限らず、古い車や距離の多い車はこの部分にヘタリやガタが出易いのですが、
車体への取り付け方法、及び位置決めが国産車と違う方式のため、ガタが大きく出易い設計
だと思います。ですので定期的に交換したい部品ですね。車高もかなり戻ります。
GTIの場合、8Vのエンジンよりも若干重いのでヘタリは早いかもしれません。
本当はリアの部品も交換するのがベストですが、未だそれほどヘタリは無いので販売価格との
兼ね合いで今回は見送りました。ですがお客様のご要望により、納車整備期間内でしたら
特別なPDI工賃にて、承ります。
当社は自動車整備工場ですのでこの様に商品車を整備した場合のコストを中古車販売店よりも
大幅にカットできるのでその分を販売価格に反映し、良質な車両を大変お求めやすい価格で
ご案内しています。商品車の内容には整備工場としての拘り、誇りがありますので同じ販売価格
でも乗り出す際の出発点が違いますし、ランニングコストにも差が出ます。また、同じ様な程度で
あったとしても、お安くご提供させて頂いております。

他店でお買い上げされたゴルフⅡ、GTIに限らず点検整備、修理、車検、板金、何でもお任せ下さい。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 17:32:34|
  2. 過去販売車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking