FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

リアアクスルのオイル漏れ修理

昨日はグッタリな月曜日でしたが何故か今日は身体が軽いです。


IMG_1477.jpg
リアアクスルからオイル漏れしてました。変な日本語のホーシングって言葉は使いたくないです。Housingって住宅
関連だとハウジングって読めるのに何で車だとホーシングになっちゃうのか理解できないから。その程度にはメンドクサイ
人間です。で、ベアリングが抜けません。プレスにも掛けられません。仕方ないのでこんな事してます。


IMG_1478.jpg
IMG_1479.jpg
分解出来たらオイルシール替えてベアリングにグリースを詰め込んでブレーキを組みなおし調整しブレーキラインの
エアーを抜いてデフオイルを入れたら完成ですね。誰でも出来る簡単なお仕事って言われたら多分笑いながら怒ります。




スポンサーサイト



  1. 2019/11/12(火) 08:21:21|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GZ20 車検整備

野球も卓球もカーリングもボクシングも皆応援してた昨夜でした。ラグビーロスする暇もないです。


IMG_1449.jpg
みんな大好き20ソアラ。車検の時にキャリパーをOHします。ピストンは錆びてますが出てる部分なので実用に
問題は無いです。


IMG_1450.jpg
どうしても一か所だけピストンが抜けず。色々試したら幾つかあるうちの一つのグリースガンの先っちょを外したら
ネジが合致。後はキコキコ水原するだけ。掃除が大変ですが。運を使い切った感も味わえる。


IMG_1451.jpg
パーキングブレーキも整備してます。


IMG_1453.jpg
パワーステアリングのベーンポンプを交換。特に問題は無かったですが悪くなる前に替えちゃう。


IMG_1455.jpg
序だからとオルタネーターも交換。こちらも悪くなる前に交換。ベルト類、メーカーや印字の向きがバラバラで
気になってたのを揃えられて個人的にスッキリした。オイルのフィラーキャップの向きとか気になるでしょ?


IMG_1454.jpg
当たり前ですが性能をチェック。


IMG_1456.jpg
ポンプも絶好調。こういう仕事は気持ちが良いです。




明日は第二土曜で会社は休みですが僕は仕事ですけど朝は普段行けない立ち食いソバに行こうと思います。








  1. 2019/11/08(金) 08:28:21|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マウント交換の為のオイル漏れ修理 ホンダ スポーツ800 その2

会社に来た直後には帰宅したくなります。


IMG_1210.jpg
エスのリモートの裏蓋。プロペラシャフトのカップリングが当たってたみたいで穴が開いてます。塞いで塗装。


IMG_1215.jpg
リモート内部。ブッシュにグリスを塗布。


IMG_1216.jpg
後ろ側のクランクシールは交換。


IMG_1217.jpg
クラッチのカバーは分解してオーバーホール。


IMG_1218.jpg
プレッシャープレートの状態は良いので軽い研磨で。


IMG_1219_20190927081906bec.jpg
IMG_1220.jpg
ダイヤフラムスプリングやハードウェアはリプロダクト品と交換。ベアリングが当たる所が摩耗してるから。
アッセンブリーでの供給が無い縄文時代はこうやって直してたらしい事が遺跡の発掘で判って来たらしい。


IMG_1222.jpg
フェーシングの張替えから帰って来たクラッチディスク。


IMG_1223.jpg
リベットに当たるまでは使えます。


IMG_1225.jpg
エンヂン前側のオイルシールを替えます。弥生時代にはこんな構造だったらしいです。


IMG_1226.jpg
クラッチのリリースフォークのピボット部を強化対策品にします。


IMG_1227.jpg
エンヂンマウントも序に交換します。


IMG_1228.jpg
マウント部、シャーシ側。軽く錆を落としてシャーシブラックを吹いておきます。


IMG_1229.jpg
昔のホンダの狂気を前に三時間ほど物思いに耽ります。


IMG_1230.jpg
スレーブシリンダーの下、金属製のワッシャーが入ってましたが元々はフェノールの部品を使っていたようです。
これにより熱によるクラッチの操作が悪くなることを防げます。


IMG_1231.jpg
今更ですがホンダ純正のオイルフィルター。


IMG_1232.jpg
MAHLE製でした。でもメードインジャパン。


IMG_1233.jpg
IMG_1234.jpg
新品のマウント類は気持ちいい。


IMG_1236.jpg
IMG_1237.jpg
なんか五月蠅いスピードメーター。分解して点検。


IMG_1332.jpg
このリモートの付け根からオイルが滲み出る。二回目のやり直し。一回目はミッションが五月蠅い気がしてやり直した。
二回目のやり直しという事は三回目の脱着なんで最早面倒にも思わないし作業も早い。只プライドに掛けてオイル漏れを
止めたいだけ。この部分のOリングは部品として無い。Oリングの規格サイズにも該当しない。


IMG_1333.jpg
仕方がないので近いサイズのOリングを取り寄せ手で削って合わせる事に。


IMG_1334.jpg
手で外径を1mm落とすって口で言うより難しい。ゴムとは言え、だ。


IMG_1360.jpg
苦労の甲斐あって完全にオイル漏れは直しましたけどね。やり直しとかお金貰えないし時間と労力は掛かるので
本来なら一発でキメないといけないのですが旧い車の修理は難しい。部品を探すだけでも大変。自分の技量が
足りなかったと思いながら勉強代と言い聞かせやり直す訳です。でも直ってないのにお金貰えないじゃない。




ラグビーが注目されてるんで同姓の選手のお陰でこちらをご覧になられるかもしれませんがグダグダで申し訳ないですね。
別に親戚じゃないけどルーツは同じでしょ、きっと。という訳で応援してるしなんならこの一族から総理大臣とフリーメイソン
の会員を輩出したいと願ってますけど。









  1. 2019/09/27(金) 08:44:31|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マウント交換の為のオイル漏れ修理 ホンダ スポーツ800

昨日のベイスターズの試合の余韻だけで今日の仕事を頑張れる気がします。


IMG_1175.jpg
ヘッドをバラす必要がなくなったので他の箇所でお金を使ってもらう事にします。ええ、悪どい車屋なんで。
という訳でマウントを替えますがその為にはオイル漏れを直さないといけない。


IMG_1178.jpg
旧い車はとにかく気を使います。部品の入手とか何をするにも苦労するんで新車以上に気を使う場合も。


IMG_1179_201909200822569b3.jpg
カッコ良いのでこのまま三時間ほど眺めてました。


IMG_1184.jpg
クラッチは上手な人が乗ってるので未だ使えますがこの機会に張り替えます。ええ、張替えです。意味判りませんか。


IMG_1199.jpg
という訳で割りました。カッコ良いのでこのまま三時間ほど眺めてました。





明日はお休みで三連休。というのは嘘で普通にやってます。









  1. 2019/09/20(金) 08:26:19|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

減る冷却液 エマルジョン エスハチ

代車とか入ってくる車を片っ端から買われてしまうので代車が無いです。お金無い人に合わせて商売してちゃ
駄目だと思うんですけどね。車が減る代わりにストレスが増えるっつー。


IMG_1093.jpg
IMG_1094.jpg
冷却水が減るそうです。外に漏れてなさそうなんで見るとこ見れば所謂エマルジョン。冷却液、冷却水がエンジン内部、
元々エンジン内部に居るんだけどそーじゃなくて居ちゃいけない所に入り込みオイルと混ざる。だけど水は温度が高く
なると蒸発する(オイルも実はある程度する)んだけど油分を含むから乳化した物がこびりつく。所謂エマルジョン。


IMG_1095.jpg
いきなりプレッシャーテストをしないのはストレスを考慮して。無茶してヒーターコアに留めとか刺したくないし。


IMG_1096.jpg
水漏れ箇所を探してて気になるのがミッションオイル漏れと崩壊しつつあるマウント。


IMG_1099.jpg
前ヒンジの車って全般的に作業性が悪いのでフードを外しちゃう。フードを外すのは簡単。


IMG_1101.jpg
ヘッドガスケット抜けてるかも。とか思ってエンジンを開ける許可を取り付けたんだけどその前に怪しいウォーターポンプ
から手を着ける。こっちならラッキー。っていうかヘッドガスケットを替えてから誤診でした。ってオチは嫌だ。嫌すぎる。


IMG_1102_20190918082828875.jpg
IMG_1103.jpg
IMG_1104.jpg
カムチェーンのトンネルから上がった蒸気でエマルジョンもあるから断定し辛いけどかなり怪しいウォーターポンプ。
ベアリングのガタもあるし。という訳でこちらからOHをする事に。


IMG_1116.jpg
古いアルミ製のキャスト部品は儚くも脆いのでプレスを使う時はドキドキする。心臓に悪い。


IMG_1117.jpg
こっちはキレイキレイする。


IMG_1115.jpg
組み込むのは削り出しのインペラーと軸とシールとベアリング。機械加工の切削痕がカッコ良いですが組んだら見えない。
今度も超神経を擦り減らせてプレスフィットする。こういう作業は今の時代なかなか出来ない事で。大体アッセンブリーで
交換するから。


IMG_1120.jpg
鋳物のインペラーより軽いしバランスが良いからベアリングもシールも長持ちしそうです。


IMG_1122.jpg
長めの試運転で内部に残った冷却液を全部蒸発させ二回オイル交換したら完成。直った♪(懐かしい)






  1. 2019/09/18(水) 08:39:22|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking