FC2ブログ

The Future of Darkness. 神が投げた賽を誰が投げた匙で打つ

記事の内容はパラレルワールドでの出来事です。実在しないかもしれないし全部ウソかもしれません。ダウジングや鉛筆転がし、タロットや占い系故障診断が得意です。

トゥデイの車検 ポイント

昨夜はラタキアをやる気満々でしたが晩酌が進むにつれそんな思いは忘却の彼方に飛んで行きました。


IMG_0017.jpg
車検のトゥデイさん。AUSだとトゥダイさん。エンヂンの調子が悪いらしい。もう音で判っちゃう。キュッキュキュッキュは
釣りえさの九ちゃんのCMでのスクラッチですがそんな音がしててパンパン言ったり加速不良の時はアソコ。


IMG_0028.jpg
純正品じゃ無ければ手に入ります。


IMG_0033.jpg
どーもこのポイント、ヒールの減りが早い。グリースを色々変えたけど駄目。素材の問題かもしれない。


IMG_0029.jpg
こちらは入手できない。最終的には無接点化、ディスビレスとかになるのかな。


IMG_0034.jpg
お決まりの調整ですが腕の見せ所なのか。いや、普通にやればイイだけなんだけど。


IMG_0043.jpg
他にもキャブを弄ったりナノプライム入れたりして絶好調。だけど後日再入庫。この時期は気温の低下と共に
オイルの粘度が増し、オイル交換後に始動性が悪くなるとかアイドルが安定するまで時間が掛かる。でもそれは
正常で、それまでのオイルがガソリンで希釈され粘度が落ちていたからかもしれない。故にオイルポンプの抵抗が
低く始動性が良かったとかアイドルが直ぐに落ち着いたとか。

手でオイルポンプを回す機会なんて普通無いけど例えば旧いシボレーにでも乗ってたらディスビ抜いてドライバーでも
突っ込んで手でポンプを回してみたらいい。とっても重いから。それとエンヂンが温まるまでは霧化特性が悪い。
教科書でキャブレターは霧吹きなんて書いてあったかもしれないけどそれは嘘だ。霧の様には出ない。

ピュピュっと出るガソリンが吸い込まれマニホールドのランナーやヘッドのポートに当り霧化する。だからエンヂンが
冷えてる時はソレを期待できない。故にアイドリングが安定しないとかガスペダルに追従しない。其れとこの時期は
結露も発生する。エンヂン内部に溜まった結露などがオイルに混ざりエマルジョンとなる。それがフィルターを詰まらせる。

毎回それなりの距離を走れば良いけど短距離だと結露などが残る。それとチョークの使い方。長い暖機運転はブローバイガス
でオイルを希釈する。チョークをある程度効かせながら走り全体を温めた方が良いと思う。それとよくよく話をしてると
ガスが濃い時と薄い時の症状を逆に認識している人が割と多い。まあそれらは経験して覚えるしかないんだけど。

プラグが被った時の対処法もだけど、スロットルは全開が基本。但し何度も開け閉めして加速ポンプを動かすのはNG。
この辺も状況を思えば理解できるんだけど間違った情報の流布を鵜呑みにしてしまうとかありがちなんでインターネット
の情報を頭から信じないと言うか知らない人の話を何で信じられるのか理解できないけどまあ困ったら聞いて下さい。

お客さんにはアドバイスしますので。でもその際に「ネットに書いてあった」とか言わないで下さい。
いや、コレもネットに書いてある事なんだけど。





スポンサーサイト
  1. 2019/01/16(水) 08:50:33|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kトラの車検

出勤途中にお腹が痛くなりました。要約すると朝晩の冷え込みがマシマシって事です。


PA039333.jpg
Kトラの車検もポルシェの車検も同じ様な感覚でやります。以前車両価格が違うポルシェの点検費用が高いのは
当たり前と言う方もおられましたがそれはナンセンスです。やった事に対しての対価と使ったモノの品代の合計
しか貰えません。という訳で使用環境によりしっかり仕事してくれたエアーフィルターを交換。


PA039334.jpg
この辺弱いですねって言うロアーボールジョイントブーツを左右で交換。


PA039335.jpg
ベルトも距離の割に硬化してたり音が出てたという事で交換。








なんか未だお腹痛いのですがツナギ着てると色々と面倒なので気合いでやり過ごそうと思います。







  1. 2018/11/15(木) 08:29:52|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定期点検 ソアラ

昨日も晴天は朝だけで良く降りましたな。今日も雨ですか、明るいけど。秋の長雨なんですかね。


P9259288.jpg
定期点検のソアラ。ソアラって語尾を上げて発音し伸ばすとソアラーってソアラ人になる。先ずはエアコンサービス。


P9259289.jpg
前回の事を覚えてないが充填量が何処にも書かれてないのでサイトグラスを確認し三度も調整した。


P9259291.jpg
バルブコアを交換。何故かいっぱいある。


P9279302.jpg
P9279303.jpg
どうもATFが滲み出てる。パンはディスコン。



P9289309.jpg
この隙間から毛細管現象で滲み出てるみたい。


P9289314.jpg
仕方が無いのでこんな技を使う。口で言うより難しいです。


P9289315.jpg
磁力は毎年落ちる筈なので新品に交換。


PA019330.jpg
ブレーキ周りも当然整備。


PA029331.jpg
ナックルストッパーも交換。後はひたすら試運転して終了。








  1. 2018/11/06(火) 08:21:18|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハブベアリング交換 BP5

朝から昼飯を何にしようか悩んでますが腹が減ってない頭で考えてもあまりいい案が浮かばない。


P9239280.jpg
異音がするのでハブベアリングを替えてくれというご依頼。標準作業時間が短いのでマヂか?って思ったが。
ボルトが折れても嫌な箇所なので分解前にワイヤーブラシ+潤滑剤で下ごしらえ。


P9259286.jpg
はい、標準的な工数通りですね。プレスも使わない作業なんで腕の見せ所も無いですがメーカー的にはコレだな。
やってる方としても無駄な緊張が無くて良いし。いやいや、これじゃあマヂで部品交換要員のお仕事です。





昼はどーしよ。






  1. 2018/10/30(火) 08:15:57|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JN15 N1 車検・整備 エンジン編

明日からお盆休みです。墓参り位しか予定は無いですが。


P7099025.jpg
レアなパワーユニットのSR16VEですが、ニスモのプラグが付いていまして。電極も消耗していて交換時期なんですが
サーキットでも走るんですか?っていう熱価だったので日常生活を反映した熱価に変更の上標準プラグに。
で、カッパーグリースを吹く前にもっと耐熱温度の高いグリースを塗ったんですがセラミックだった事に気付き拭き取って
変更しましたよ。なんでセラミックじゃ駄目なのかはお父さんかお母さんに聞いてね。


P7219071.jpg
んで、試運転に出たらエンヂンが絶不調になりました。何処から観ようかと思って最初に手を伸ばしたのがAACV。
ISCVだっけ?日産はどっちだ?どっちでも良いんだけど昔はこの手の作業が多かった。


P7219072.jpg
調子の崩し方とその発生領域が大体判ってきたのでスロポジとかもチェックしましたが


P7249083.jpg
真犯人はこちらでした。実際は画像で見るより大した事ないんだけどこの程度で調子崩すのね。って感想でした。
N1のスロットルボディはかなりデカく流用チューンにももてはやされることもあったんですが開け初めの所って
割とシビアなんでしょうね。一つ勉強になりました。久しぶりの診断機に頼れない修理で楽しかったです。





ではご先祖様によろしくお伝えください。








  1. 2018/08/10(金) 08:28:35|
  2. ドメスティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鋼鉄の自動車

Author:鋼鉄の自動車
作業内容によりご新規様のご依頼も賜る場合が御座います。あくまでも内容をお伺いしてからですが。作業中は手が汚れているのと、作業を中断したくないのでお電話はご遠慮下さい。アポ無し訪問も厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2 Blog Ranking